肌の悩みを美容皮膚科で改善【人気の治療内容を紹介】

美容皮膚科の特徴

鏡を見る人

お肌の見た目をキレイにすることができる

最近は、「美容皮膚科」の看板を街でもよく見かけることがありますが、いったいどんな目的で、どのような治療をするところなのかよく知らないという方も多いでしょう。当然、美容の観点から皮膚に関する治療が行われるところだと言えますが、医療機関である以上、医学的な根拠に基づいた治療が行われるという信頼感があると言えます。ですので、通販などを利用して商品を購入し、自分で治療を行う場合と違って、安全で確実な治療ができるというメリットがあると言えるでしょう。そして美容皮膚科は、皮膚科の一種であることは間違いありませんが、従来の皮膚科とは違う部分も多くあります。従来の皮膚科は、病気治療を目的とした治療が行われるところですが、美容皮膚科は、病気を治すのが主な目的ではなく審美的な見た目を良くするための治療を行うところであるという違いがあると言えます。例えばニキビの治療を行う場合、従来の皮膚科では、ニキビの症状を治すというところまではしっかりと行われますが、ニキビ跡をキレイにする(見た目をよくする)ということまでは行われないのが普通です。しかし美容皮膚科の場合は、ニキビの症状を治すことはもちろんですが、その後のお肌の見た目をキレイにするところまで行ってもらうことができます。ニキビ跡の治療では、レーザー照射やケミカルピーリングなどの治療法があり、お肌の凸凹を改善することが可能です。さらにニキビ治療以外の皮膚の病気に関しても、従来の病気治療では肌に跡が残ることが多くありましたが、美容皮膚科であれば最終的な見た目までケアしてもらうことができます。ただし費用に関しては、美容皮膚科の場合は自由診療と見なされる場合が多いため、保険が適用されず、高額になってしまうケースが多いと言えるでしょう。保険が適用される保険診療は、治療費の3割だけを自己負担すればいいという仕組みになっているため、とても便利な制度ですが、自由診療の場合は治療費の全額を負担する必要があります。保険の適用には範囲が決まっており、病気の治療が目的であるとみなされる場合にだけ適用されます。ですのでニキビ治療を例にすると、ニキビそのものを改善する病気治療に関しては保険が適用されますが、ニキビ跡をキレイにする治療は保険が適用されず自由診療になってしまうということです。また最近では、保険が適用される治療を主に行う従来の皮膚科と、自由診療を主に行う美容皮膚科の両方を行っているクリニックも増えていると言われています。ですので、皮膚科と美容皮膚科のどちらへ行ったらいいか分からない場合は、両方の治療ができるところを選ぶと便利だと言えるでしょう。

Back to Top