肌の悩みを美容皮膚科で改善【最小負担で肌の悩みスッキリ消し去る】

美容皮膚科の脱毛方法

医者

美容皮膚科で受けられる脱毛の種類

しっかり部分脱毛や全身脱毛を完了させたいと思っている女性の多くが、美容皮膚科などの美容治療をメインに行う医療機関で医療脱毛を受けるようになってきている傾向にあります。一見、医療機関で行なう脱毛も脱毛サロンなどの美容施設で行なうものと同じような効果なのではとイメージされやすいですが、違います。美容皮膚科は、知識が豊富な医師の元で医療機器を利用して施術を行うため、脱毛サロンなどで使用されている光脱毛に比べて短期間で確実な脱毛ケアを行えるメリットがあります。また、美容皮膚科では、主にニードル脱毛とレーザー脱毛の二種類が受けられるようになっており、ニードル脱毛は毛穴一つ一つに特殊な細い針を入れて電流を直接流すことで、ムダ毛の元となる毛根を破壊する方法で脱毛を行います。確実な効果を実感することが出来るため、永久脱毛を行うためにはニードル脱毛を受ける必要があるといわれてきました。ただ、この方法だと毛穴一つ一つに処置を行っていくため時間がかかりやすく、電流を流す時にかなりの痛みが伴うことから、今美容皮膚科では広範囲の処理を短時間で済ませることが出来る医療レーザーを利用した脱毛方法が主流になってきています。医療レーザーは、成長期のムダ毛に反応する特徴を持っており、毛に含まれる黒いメラニンと呼ばれる色素に反応して照射されるので皮膚にはダメージを与える心配がなくムダ毛の元となる毛乳頭を熱で破壊してしまうことで自然にムダ毛が抜け落ちるようになります。照射威力が高いことから、一度目の施術でもムダ毛がその場で抜けるなど脱毛効果を実感しやすく、脱毛サロンで使用されているフラッシュ脱毛を受けるよりも少ない回数でケアを完了出来るのも大きな魅力の一つです。また、医療レーザーも照射時に輪ゴムで軽く弾かれる程度の痛みが伴いますが、事前に冷却ジェルなどを利用して肌を冷やしてから照射したり、医療レーザー機器によっては照射と同時に肌を冷却するシステムがあるので痛みを抑えて施術を行うことが可能です。施術にかかる回数については施術範囲によって異なりますが、平均的に5〜6回ほど。繰り返し施術を行うとほぼムダ毛は目立たなくなり、自宅で行う除毛や脱毛などを行う手間がなくなるのでお手入れによる肌トラブルを未然に防ぐ効果を期待することが出来ます。また、クリニックによっては安全面でのサポートも整っているため、施術後に肌に赤みや蕁麻疹などの症状がでてしまった場合の適切な処置は勿論、自宅で使用する薬の処方などを受けることが出来るでしょう。そのため、初めて医療機関で脱毛ケアを受けるという方や、デリケートゾーンの処理を希望している方でも安心なのです。

Back to Top